台風などで欠航した場合はどうなるのか?

- 台風などで欠航した場合はどうなるのか?

台風などで欠航した場合はどうなるのか?

格安航空券を使って観光地に行こうとする際に台風や大雨などの災害が起こることがあります。
旅行予定日と台風が重なった場合には欠航になる可能性があるでしょう。
せっかく航空チケットを購入しているにも関わらず、欠航になった場合にはどういう対応を取ってくれるのでしょうか。

欠航かどうかは前日の夕方もしくは当日に決まる

航空会社としては欠航をぜひとも避けたいと思っていますので、2日以上前から欠航が決めるということはまずないと言ってもいいでしょう。
そのため、欠航が確定する前に自己都合でのキャンセルをしてしまうと、キャンセル料が普通にかかりますので、注意してください。
就航するかどうかというのは前日の夕方もしくは当日に決まることになりますので、それまで待っていただくか就航状況を確認できるサイトにて確認する必要が出てきます。
自分で勝手な判断はしないようにしてください。
JAL系とANA系の場合は欠航が遅延が決める前であっても影響が出る恐れがあるという段階で、ノーチャージ対象便という設定が行われることがあります。
この対象になった場合は変更ができないチケットであっても変更をすることができますし、キャンセルをする場合でも料金が発生いたしません。

欠航になったら払い戻しになる

万が一欠航が決まった場合は全額払い戻しもしくは別便への振り替えになりますので、そこのところは安心してもいいでしょう。
振替を希望するのであれば直接航空会社に連絡をしてください。
払い戻しをする場合には有効期限が決まっており、一般的には出発予定日から10日以内になっていることが多いですので、決められている期限内に払い戻しを受けるようにします。

欠航が決まれば格安航空券でも払い戻しを受けられる

台風などで欠航をするかどうかというのは前日もしくは当日の天候状況によって決まっていきます。
欠航が決まったのであれば、格安航空券であっても払い戻しを受けることはできますので、安心をしてください。