乗り遅れそうになった場合にどう対処すればいいのか?

- 乗り遅れそうになった場合にどう対処すればいいのか?

乗り遅れそうになった場合にどう対処すればいいのか?

旅行に行くとなるといろいろなトラブルが起きたりします。
トラブルの中でも飛行機に乗り遅れるということだけはぜひとも避けたいものです。
いくら遅れないようにしようとは思っていても、交通渋滞や体調不良などが起きてしまうリスクは誰にでもありうることです。
そういう場合にはどうやって対処すればいいでしょうか。

航空会社の正規の割引チケットを購入した場合

基本的には正規のチケットよりは選択肢が減りますが、旅行会社などから購入した格安チケットよりはまだ選択肢は残されていると言ってもいいでしょう。
選択肢と言うのはキャンセル手数料がかかるということで、その割合は航空会社によって異なりますので、遅れることが分かればできるだけチケット購入場所に連絡をした方がいいでしょう。

第三者の格安チケットを購入した場合

乗り遅れそうになった時に一番やっかいなのが、旅行代理店などの格安航空券を購入した場合です。
すでに航空機が出発してしまっているケースや空港に間に合わないケース含めて乗り遅れた場合は一切払い戻しができないと思っておいたほうがいいでしょう。
仮に払い戻しを受けられたとしてもチケット料金の100%がキャンセル手数料に充当されるので、結果的には戻ってこないことになります。

まずは購入先に連絡をする

寝坊や交通事情などで飛行機に乗り遅れそうな時にには、まずチケットを購入した先に対して連絡をした方がいいでしょう。
航空券によっては出発する前に予約を変更することができますので、後続便に乗ることができたりします。
予約を変更する時には取り消し手数料がかかったりしますので、そこのところは十分に注意をしましょう。

なるべくならば遅れないようにしたい

せっかくであれば遅れないのが一番いいわけですが、いろいろな理由によって遅れることもあるでしょう。
そういう場合は真っ先にチケットを購入した場所に連絡を入れて対応をしてもらうというのが一番いいです。
航空会社の割引チケットと第三者の格安航空券とでは対応が異なります。