日時の変更はできるのか?

- 日時の変更はできるのか?

日時の変更はできるのか?

JALやANAの正規の航空券については自由に日時や搭乗便の変更を行うことができ、それも搭乗便の出発前までに行うことができます。
高いお金を支払っているわけですから、そこのところも柔軟に対応してくれます。
しかし、正規の割引券やツアー、格安航空券などの場合は購入した後に日時の変更をすることができるでしょうか。

LCCの場合はオプションをつけることで自由に日時の変更が可能

正規の航空券は基本的に変更が可能なわけですが、LCCの航空券の基本運賃の場合はもう一度航空券を取り直さなければ日程の変更ができないことが多いです。
ただし、LCCでは基本運賃に何らかのオプションをつけることによって日時の変更ができます。
どういうオプションを付ければいいのかというのはLCC各社のホームページにて確認をしてください。

格安チケットやツアーの場合はもう一度取り直す必要がある

格安チケットや割引チケット、ツアーなどの航空券の場合は、基本的には日程を変更することができないチケットだという風に認識するべきです。
日程を変更したいという場合には手数料を支払って変更をするか、もう一度その日程でのチケットを取り直す必要が出てきます。

料金が異なる場合は差額を調整する必要が出てくる

購入した日時の便と変更したい日時の便とで航空券の料金が異なることがあるという点について注意をしてください。
変更した日時の航空券が安くなる場合には差額が払い戻しになりますが、変更した日時の航空券が高くなる場合には差額を支払わなければいけません。
変更をしたいという場合には直前になると予約がいっぱいで取れないということもあり得ますので、変更が決まったらすぐにアクセスをするべきです。

変更が可能かどうかを事前に調べておくべき

格安航空券の利点と言うのは通常に比べて安いことにあるわけですが、デメリットとして柔軟性に欠ける点があります。
日程を変更しないといけない場合には正規航空券に比べて手間がかかる点に注意をしてください。